トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

FrontPage

  • 安井政昭のソフトテニス(軟式テニス)説明

ソフトテニス(Soft Tennis)は、ゴム製のボールをネット越しにラケットで打ち合う球技で、軟式庭球、軟式テニスとも呼ばれる。

ただし正式名称は、1992年の全面的なルール改定の際にソフトテニスとなった。

ソフトテニス(軟式テニス)は日本へテニスが紹介された当時、テニス用具の国産が難しく輸入品が高価であったため、比較的安価に輸入(独)できたゴムを材料としたボールが使われたのが始まりである。

アジアを中心に行われていたがプレイされる国や地域が増え、2007年の第13回世界選手権では40を超える国がエントリーした。

ダブルスが主体であるというイメージがある。1994年以降はシングルスのルールが整備されている。

ルールの一部は硬式テニスのものと異なっている。

ソフトテニスはすぐれたアスリート同士が技と力を競いあう高い競技性をもつ一方で、ラケットの重量が硬式テニスよりも軽いこと、ボールが軽く反発力が低いことから肘などへの身体的負担が硬式テニスに比べて少ない。

そのために子供から高齢者まで幅広い世代[要出典]で愛好される生涯スポーツとしての側面を持っている。

FSWiki.com

FSWiki.com はドキュメントを簡単に整備するツール,Wikiが無料で使えるサービスです.

Wiki は従来のワードプロセッサなどのツールと異なり,メモ感覚でとても簡単にドキュメントが整備できるので,プロジェクトの進行や,仲間内での情報共有ツールとして真価を発揮します.

ソフトウェアのインストールやメンテナンス,サービス料金は必要ありません.まずは,サインアップして,Wiki の世界をのぞいて見てください.

ここはフッターです.全てのページの最後に表示されます.

編集するには,をクリックしてください.

最終更新時間:2012年10月17日 17時07分57秒